トップページ > 焼き麩・車麩の保存方法

焼き麩・車麩の保存方法

■焼き麩・車麩の保存方法
 焼き麩・車麩は、乾物ですので水分や汚れが付きますと変質や保存期間の短縮の原因となります。また、焼き麩・車麩は小麦から作られいます。小麦は穀物ですので、虫を呼ぶことがあります。  ですので、開封後や包装資材に穴が開いた場合は賞味期限に関わらず、外気が直接触れないように管理・保存する必要があります。
 保管場所は、直射日光を避け、風通しのよい、涼しい場所に置いて下さい。

 以下、一般的な保存方法をご紹介します。

■密閉容器など
密閉容器など
 保存開始年月日が違うものを混同して保存する場合は、商品毎に袋などに入れてから容器に入れ、
個々の経過時間の管理をすることをおすすめします。

■チャック付保存袋など
チャック付保存袋など
 市販されているチャック付の袋に入れると、保存も取扱も便利です。

保存上のご注意

・焼き麩・車麩に関する保存のご案内です。全ての麩(ふ)に関するものではありません。
・弊社商品毎に「賞味期限」は表示してありますが、開封後は早めにお使いきり下さい。
・湿気の多いところや高温での保管はしないで下さい。
・開封後は、中身が外気に触れないよう保管して下さい。
・水分や汚れが付きますと変質や保存期間の短縮の原因となります。
・日光や蛍光灯などの光のあたる場所での長期保管はおやめください。
・材料は小麦(穀物)です。裸での保管や、袋などの開口部が開いたまま(中身が外気と触れる状態のもの)など、
 保管状況により虫などを呼ぶことがあります。必ず、密閉保存をお願いします。
・保存開始年月日を書いた紙などを入れておくなど、経過時間の管理をすることをおすすめします。
・冷蔵庫や冷凍庫での保存は、水分付着(結露)の恐れがありますのでお避け下さい。