トップページ > 車麩の調理法(レシピ)

毎日のお料理に、離乳食に車麩をお使いください。

毎日のお料理に、離乳食に車麩をお使いください。

車麩のハンバーガー車麩ハンバーガー

■材料(3個分)
マルヨネの車麩・・・3枚  パン(ハンバーガー用・市販品)・・・3個
片栗粉(米粉でも可)・・・適量
千切りキャベツ・・・適量
マヨネーズ(お薦めは、からしマヨネーズ)・・・適量
<車麩味付け用たれ>
麺つゆ希釈用(濃縮・市販品)・・・100cc  お湯(水)・・・200cc
■作り方
1.<車麩味付け用たれ>のダシ醤油とお湯(水)を混ぜ、その中に車麩を直接入れ柔らかくなるまでもどす。
2.もどした車麩の余分な水分をペーパータオルなどで取り、片栗粉(または米粉)をまんべんなくまぶす。
3.2の車麩を油で表面がカリッとなる程度に揚げる。
4.パンを上下2つに切り、千切りキャベツをのせる。
5.4の上に油で揚げた車麩をのせ、マヨネーズをかけ、パンをのせる。
※辛味が大丈夫でしたら、からしマヨネーズが絶対におすすめです。 お好みで味を変えてみてください。

車麩バーガー バターロール版

■車麩ハンバーガー バターロール版
よくスーパーなどで売られているバターロール版も作ってみました。
具材は一緒ですが、車麩は1/4カットして入れています。

車麩バーガー ホットサンド版

■車麩ハンバーガー ホットサンド版
市販の食パンの耳の部分を切り落とし、ホットサンドの機械にはさんでオーブンしました。
具材は一緒ですが、車麩はカットして使用しています。

グルフル・ピースのラスクグルフル・ピースのラスク

■材料(2〜3人分)
マルヨネのグルフル・ピース・・・20g  バター・・・30g
グラニュー糖・・・5〜10g(甘味はお好みです。)
■作り方
1.バターを湯せんや電子レンジで「溶かしバター」を作る
2.溶かしバターにマルヨネのグルフル・ピース20gを入れて混ぜ、均一にバターをしみこませる
3.2にグラニュー糖をふりかける(まぶす)。
4.クッキングシートに3を均等に並べ、180℃のオーブンで10分加熱する。
※砂糖の代わりに「カレー粉」や「チーズ(粉)」でも美味しくいただけます。

車麩を使ったすき焼き車麩を使ったすき焼き

英語・English(pdf) Sukiyaki
中国語・Chinese(pdf)

■材料(4〜5人前)
マルヨネの車麩・・・3〜5枚  牛肉・・・300〜500g
牛脂・・・40g  ネギ・・・3本 卵・・・4〜5個  春菊・・・1/2束
生椎茸・・・3〜5枚  しらたき・・・1束  焼き豆腐・・・1丁
<割りした>
しょうゆ・・・1/3カップ
みりん・・・1/3カップ
砂糖・・・大さじ2
<薄割りした>
ダシ・・・1/2カップ
酒・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
■作り方
1.麩は、水に浸しよく戻して、軽くしぼり食べやすい大きさに切る。
2.ネギは、斜め切りにする。生椎茸は軸を取り飾り切りにする。
3.しらたきは、湯煮をしておく。
4.春菊はよく洗っておく
5.鉄鍋を熱し、牛脂を溶かし牛肉を入れ軽く炒め、<割りした>と1・2・3の順に入れ煮込み、完成寸前に4を入れる。(<割りした>が少なくなった場合は<薄割りした>をたして煮る。)
6.完成したすき焼きは、生卵と一緒にお召し上がりになりますとより美味しく戴けます。

麩と豚挽肉の葛かき麩と豚挽肉の葛かき

英語・English(pdf) Kurumafu and chopped meat gruel
中国語・Chinese(pdf)

■材料(5人前)
マルヨネの車麩・・・5枚  豚挽肉・・・100g
サラダオイル・・・大さじ1  ダシ・・・800cc
みりん・・・100cc  醤油・・・大さじ5
砂糖・・・大さじ2〜3
<とろみ用>
片栗粉・・・大さじ2〜3  水・・・大さじ4〜6
<飾り>
グリンピース・・・適宜
■作り方
1.麩は、水に浸しよく戻して、軽くしぼり6等分に切る。
2.みりんは小鍋に入れて煮きり(半分の分量になるまで煮詰める)をしておく。
3.中華なべを熱しサラダオイルを入れ、次に豚挽肉を入れ肉の色がダシを入れる。煮立ったらアクを取って1を入れ、次に2と醤油を入れアクを取りながら12〜13分煮込む。
4.10〜15分煮込み麩に味がついたら、状態を見ながら水溶き片栗粉を入れとろみを付ける。
5.最後に彩りにグリンピースを入れ火を止める。

天とじうどん天とじうどん

英語・English(pdf) Tentoji noodle
中国語・Chinese(pdf)

■材料(5人前)
マルヨネの車麩・・・5枚  ネギ・・・少々
のり・・・少々  卵・・・5個
うどん・・・5袋
<うどんつゆ>
ダシ・・・5カップ  みりん・・・大さじ2
醤油・・・1/2カップ  砂糖・・・大さじ1
■作り方(1人前)
1.鍋にダシ・みりん・醤油・砂糖を入れ煮立てて<うどんつゆ>を作る。
2.ネギは小口切りにし水にさらす。
3.のりは、細切りにする。
4.水に浸しよく戻した車麩を、硬くしぼり、1から少量取ったつゆで下煮する。
5.4で煮た車麩の真ん中に卵を1個入れフタをしながら弱火で5〜6分煮込む。
6.うどん1袋をサッと湯通しして、器に入れ、1のつゆを一人前そそいで、5の麩を上に載せる。召し上がりになる際に、ネギとのりを載せる。

車麩を使ったのっぺい汁車麩を使ったのっぺい汁

■材料(5人前)
マルヨネの車麩・・・2枚  里芋・・・100g
ニンジン・・・50g   レンコンまたはタケノコ・・・50g
ごぼう・・・50g  干し貝柱・・・少々
板コンニャク・・・50g  鶏肉・・・100g
焼豆腐・・・1丁  干し椎茸・・・2枚
銀杏・・・15個  ダシ・・・5カップ
塩・・・小さじ2  薄口醤油・・・大さじ1〜1.5
酒・・・大さじ1  みりん・・・大さじ1.5
■作り方
1.麩は、水に浸しよく戻して、軽くしぼり10等分位に切る。
2.里芋・ニンジンは1cm位に乱切りにする。
3.レンコン・ごぼうは1cm位に乱切りにする。そして酢水にさらす。
4.板コンニャクは、湯煮をして、1cm位に乱切りにする。
5.焼豆腐は1cm角に切る。
6.鶏肉は1cm位に乱切りにする。
7.干し貝柱は、ダシを少量使い戻しておく。
8.干し椎茸は、1cm角に切る。
9.銀杏は、鬼皮をむいて色よくゆでる。
10.鍋にダシを入れ7・8・1・2・3・4・5の順に入れ沸騰したら弱火にして4〜5分煮て、次に6を入れアクを取る。
11.次に塩・薄口醤油・酒・みりんを入れ、里芋が柔らかくなるまで弱火で煮込み、最後に銀杏を入れる。

車麩を使ったはさみ揚げ車麩を使ったはさみ揚げ

■材料
マルヨネの車麩・・・5枚  豚ひき肉・・・100g
卵・・・1/2個  ネギ・・・10cm
塩・・・少々  醤油・・・少々
チーズ・・・5〜6cm  小麦粉・・・適宜
溶き卵・・・適宜  パン粉・・・適宜
揚げ油・・・適宜
つけあわせ
<キャロットグラッセ>
ニンジン・・・200g  水・・・大さじ6
バター・・・大さじ1  砂糖・・・大さじ1〜1.5
白コショウ・塩・・・少々  白ワイン・・・大さじ1
<さやソテー>
さや・・・100g  サラダオイル・・・大さじ1  白コショウ・塩・・・少々
■作り方
1.麩は、水に浸しよく戻して、硬くしぼり、横に切れ目を入れ、6等分に切り全体に小麦粉をつける。
2.ネギは、みじん切りにし豚ひき肉を入れ塩・醤油で味をつけ、充分に練りあわせる。 3.1に2の具をはさみ溶き卵・パン粉をつけて170℃位で揚げる。
4.3と別にもう一品は、1に3〜5mmに切ったチーズをはさみ同様に揚げる。 <つけ合わせ>
1.ニンジンは面取りをしてサッとゆでる。小鍋にキャロットグラッセの調味料を入れ、ゆでたニンジンを入れ弱火で煮含める。
2.さやは、筋を取って塩茹でにし水にさらし2等分に切る。
3.フライパンにサラダオイルを少し熱したら、さやを入れてサッと炒め、塩・コショウで味付けする。
※お好みで即席トマトソースをかけてお召し上がりください。
<即席トマトソース>
マスタード・・・小さじ1/2  レモン汁・・・小さじ1  ウスターソース・・・大さじ2  トマトケチャップ・・・大さじ4

車麩を使った和風サラダ車麩を使った和風サラダ

■材料(5人前)
マルヨネの車麩・・・2〜3枚  醤油・酒・・・適宜  卵・・・1個
大根・・・20cm  ニンジン・・・3cm
レタスまたはサラダ菜・・・5枚  ワカメ・・・少々
<和風ドレッシング>
マヨネーズ・・・大さじ1  酢・・・大さじ1
薄口醤油・・・大さじ1  塩・・・少々
サラダオイル・・・大さじ3  マスタード・・・少々
■作り方
1.麩は、水に浸しよく戻して、硬くしぼり8等分に切り、醤油・酒で下味をつけ溶き卵とからませ、焼き色がつくまで焼く。
2.大根・ニンジンは千切りにして、水にさらしてパリッとさせる。
3.レタスは、水のさらし、水気を拭きとる。
4.ワカメを水で戻す。
5.ボールにAの調味料をいれ混ぜ合わせる。
6.皿に3を敷き、その上に1.2.4を盛り付けAの調味料を混ぜ合わせ<和風ドレッシングソース>をかける。